お知らせ 訪問看護ステーション わかあゆ

アクセサリー作り💍

お知らせ

こんにちは😄  わかあゆです❗️

現在、コロナ感染拡大という事もあり、なかなか外出もままならない方も多いと思います。

訪問している認知症の利用者さんがいるのですが、認知症という事やコロナ禍ということもあり、外出がなかなかできずに自宅に引きこもりがちになっています。

引きこもりは認知症の進行要因のひとつとされています。

認知症の進行の防止には、

  • 適度な「快」の刺激

  • 楽しいこと、前向きなことに頭を使う

  • 「まだ自分にはこんな能力が残っている」という自信を持ち、意欲を持つこと

以上のことが非常に重要です。

自宅でも何か楽しめることはないかとスタッフみんなで話し合い作業療法に取り組むことにしました。

利用者さんは昔からオシャレが好きで訪問した際もいつもオシャレな洋服を着てアクセサリーを身につけています。又、昔から刺繍や編み物、洋裁などをしておられ人に教えることが大好きで色々な物を作ることが大好きな方です。

なので本人が楽しんでできそうなビーズアクセサリー作りをしてみることにしました。

可愛いビーズを用意し、一緒に作りましょう。作り方を教えてくださいと声をかけると、とても喜んで「うん、やろうやろう」と積極的に取り組んでくださいました。

作りながら、「このビーズ可愛いね、色が綺麗だね」など自分で好きなビーズを選び一緒に作業しました。

可愛いビーズのブレスレットが出来上がりました❤️

出来上がったブレスレットを見て、本人もとても満足そうでした。久しぶりにイキイキとした表情が見れたように思います。

嬉しそうな患者さんを見ると私たちもとても嬉しくなります。

私たちは、身体的なケアだけでなく、こういった精神的なケアも行っています。

 

利用者さんがより良い生活ができるよう、スタッフ一同今後も頑張っていきたいと思います。