お知らせ 訪問看護ステーション わかあゆ

七草🌱

お知らせ

こんにちは、わかあゆです。

 

新年いかがお過ごしですか😊

私は食べ過ぎで、胃腸が悲鳴をあげています(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

さて、正月食べ過ぎで疲れた胃袋を休める日がやって参りました。

1/7  七草粥の準備はよろしいでしょうか。

 

「七草粥」とは、1月7日の人日(じんじつ)の節句の行事食。その日の朝に「春の七草」が入ったおかゆを食べると、1年間を無病息災で過ごせるとされています。

七草とは

「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」

ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはかぶ、スズシロは大根のこと。

 

 

日本のハーブ七草にはどのようなパワーがあるのでしょう。おもなものを次にあげてみましょう。

セリ

鉄分が多く含まれているので増血作用が期待できます。

ナズナ

熱を下げる、尿の出をよくするなどの作用があります。

ハコベラ

たんぱく質が比較的多く含まれ、ミネラルそのほかの栄養に富んでいるため、民間では古くから薬草として親しまれています。

スズナ・スズシロ

ジアスターゼが消化を促進します。

もちろん、いずれもみずみずしい緑の草ですから、ビタミンがたっぷり含まれています。緑が不足しがちなお正月、今年1年の健康を願って滋養豊かな七草で料理してみませんか。

(キッコーマンホームクッキング引用)