お知らせ 訪問看護ステーション わかあゆ

自宅でできる足元気体操❗️

お知らせ

年齢を重ねると、筋力が低下したり平衡感覚が鈍くなったりします。

それにより、バランスを崩しやすくなり転ぶことがあります。また、視力が低下することで、足元が見えにくくなり段差に気付かず転ぶことがあります。

その他にも、認知症の症状があれば、転倒した状況や環境を忘れてしまい、転倒を繰り返すことがあります。高齢者が寝たきりになる原因は、脳卒中についで骨折が第2位にあげられます。

転倒することで骨折→寝たきりという悪循環を引き起こす原因となります。

日常生活の中に軽い運動を取り入れることによって、転倒予防に効果的な足・腰・腹部の筋力アップやバランス能力、歩行能力が改善されます。

座ってできる簡単な運動もありますので紹介したいと思います。

 

足元気体操

※福岡市介護予防応援WEBサイトより引用

 

皆さんもぜひ自宅で運動してみてください。