お知らせ 訪問看護ステーション わかあゆ

夏バテを予防するために🌞

お知らせ

気温が上がってムシムシしてくると、食欲が落ちたり寝苦しかったりして、十分な水分と栄養、休息などがとりにくくなります。

『なんとなくだるい』という夏バテに見られる症状は、放っておくと体調不良を悪化させ、体力気力の低下をもたらします。このだるさの原因は…

 

食欲がない⇔栄養不足の悪循環

・エネルギーが不足し体力が低下します

・タンパク質、ビタミンが足りなくなると疲れや意欲の低下

・冷たいものを摂りすぎて胃腸の不調でさらに食欲低下

 

温度差が激しい⇨自律神経の乱れ

・家の中と外の温度差は自律神経のバランスを乱します

・冷たい空気は下に溜まりやすいので上半身はのぼせた状態。下半身が冷え、体内の温度差もだるさや意欲の低下を招きます。

 

ぐっすり眠れない⇨疲れが取れない

・睡眠不足や熟睡できないなど眠りの質が悪いと、体が休まらず疲れが取れません。

夏バテの主な症状

無気力 イライラ 食欲不信 体がだるい

熱っぽい 眩暈 むくみ 下痢・便秘

 

 

夏バテ予防のポイント(食事・体温調整・睡眠)

栄養(エネルギー・タンパク質をしっかりとる)

五大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル)をバランスよくとる

 

上手に汗をかく

軽い運動やお風呂で汗を流し体温調節を。

室温と外の温度差は5℃以内を目安に。(冷房温度は28℃程度)

 

水分はこまめに少しずつ

喉が乾く前に飲む。

汗をかいた後は必ず水分補給を。

 

眠りの質を高める

涼しい時間帯にウォーキングなど適度な運動を。

ぬるめのお湯にゆっくり入り緊張をほぐす。    

夏バテ予防のポイントを参考に熱い夏の過ごし方を見直してみましょう。