お知らせ 訪問看護ステーション わかあゆ

訪問看護の対象になる人はどんな人?

お知らせ

訪問看護は乳幼児から高齢者までの全年齢層が対象です。

対象者の疾患も様々ですが、あらゆる疾患の人を看ます。

患者さんのご家族も訪問看護の対象になります。

訪問看護を利用する患者を傷病別内訳で見てみると最も多いのは

脳血管疾 心疾患などの循環器系です。

続いて

パーキンソン病、ALSなどの神経系

統合失調症 認知症などの精神的及び行動の障害

筋骨格系及び結合組織の疾患

悪性新生物(癌)

呼吸器系の疾患

の順になっています。

その他でも、あらゆる疾患の方を見ています。かかりつけ医が訪問看護の必要を認めた全ての方が受けられます。

医療処置が必要な方や重症な方だけでなく、閉じこもりがちな高齢者で寝たきりになる恐れがある方(廃用症候群)、リハビリテーションや服薬指導が必要な方、認知症や糖尿病、リウマチ、パーキンソン病、心臓病、癌治療後などで在宅療養が必要な方も訪問看護を利用できます。

 

患者が訪問看護を受けるときは、医療保険または介護保険を利用することになりますが、保険のことに関してはまた詳しくブログでアップしたいと思います。

何か分からないこと、気になることがありましたら、些細なことでも構いませんので、いつでもご相談ください。